診断アプリ1本で「500万円を稼げる」が8割は稼げてない。4年間で収益2,000万円の個人アプリ作者が語る、アプリ集客のコツと「テーマ選び」の重要性。

2017年12月08日 |
Pocket

ずっと4年間「診断アプリ」をつくり続けて、累計800万ダウンロードを突破したという、個人開発者さんにお話を聞きました。


※個人開発者Testiiの粟田誠一さん

簡単に自己紹介をお願いします。

個人でアプリを開発しています。もともとは、大学に通ったり休学したりしつつ、アプリをつくっていたのですが、今年から専業になりました。

そこから、ずっと「診断アプリ」に特化してきていて、これまで90アプリ以上つくってきています。いま今年で4年目というところです。

ダウンロード数としては、累計で820万ダウンロードです。10万ダウンロードを超えた診断アプリも、10タイトル以上は出てきています。


※ダウンロード数の90%をAndroidが占める(今年からiOSでもつくりはじめた)

はじめの頃から「診断アプリ」は順調だったのでしょうか?

いえ、最初は全然ダメだったんですよ。半年くらいは「これはやばいな…」という状況がつづいて。

でも、アプリをつくり続けるうちに、ユーザーがアプリ間を循環するようになってきて。だんだん新着ランキングにも載るようになりました

やっぱり継続ですね。少しずつ少しずつ。ユーザーを増やしながら体制を整えて。診断をつくるための「文章を書くスピード」を上げたりもそう。

イラストは外注しているのですが、プログラミングや診断の文章作成などは、すべて一人でつくっているのでうまく効率化するようにしています。

どうやって「アプリのユーザー」を集客しているのでしょう?

例えば、ひとつは「アプリ間での送客」です。新作アプリを出したときには、全アプリで「新作アプリが出たよ」と宣伝するようにしています。

あとは「診断をつくれるサイト」をつくって、ユーザーが診断を作成できるようにして、それが各アプリ上でも遊べるようにしています。

WEBサイト版を用意することで、グーグル検索にも「診断ページ」がひっかかりますし、ツイッターでもシェアされやすくなると考えています。

そういったエコシステムというか、ユーザーが蓄積される仕組みづくりが、重要なのかなと思っています。

いま「アプリの収益」はどのような感じでしょうか。

アプリの収益は、累計で2,000万円を超えています。過去最高でいうと、月160万円でしょうか。

調子の良いアプリでいうと、「付き合える度診断」が400万円くらい、「動物キャラ診断」と「戦闘力診断」が400〜600万円くらいです。

これまでの、4年間の推移をみると、月単位では上がったり下がったりしながら、少しずつ収益の基盤が積み上がってきています。

ただ、うまくいくアプリは2割くらいで、残り8割のアプリはそこまで収益につながりません。

診断アプリは「1ダウンロードの収益性」だと、どのくらいになりますか?

最近の収益性でいうと、1ダウンロードあたり5〜10円ですね。なので「ダウンロード数×5円」で掛け算すると、大体の収益額が計算できます

いまのところ、広告マネタイズのみです。一番収益になっているのは「診断結果を表示する前」にでてくる動画インタースティシャル広告です。

あとは、診断の結果ページにレクタングル広告を置いたり、たまにインタースティシャル広告を挟むことで、マネタイズしています。


※診断結果が表示される前の「待ち時間」に入れている、動画インタースティシャル広告が、広告収益の約50%を占めているそう。

診断アプリをつくるときに、重要だと思うところはありますか?

どんなに嫌な結果であっても、プラスに感じるように表現すること。イヤな結果の文章を「いかに良い要素に変換するか」が大事だと思います

例えば「ネガティブ」だったら、良くいえば「慎重」と言い換えられますよね。そういう風に「プラスの意味」にとってもらえるよう意識していますね。

「うまくいかなかったアプリ」についても教えてもらえますか?

感覚的には、1年以内に1万ダウンロードを超えなかったものは、超失敗してしまったアプリです。

それに当てはまるのが「ロマンチスト診断」というアプリです。これはレビューに「絵がうざい」と書かれてしまって不評でした。笑

結局、5,000ダウンロードまでしか伸びなくて、ものすごく滑ってしまいましたね。

もうひとつは「ワイルド診断」です。診断アプリって、女性ユーザーの方がずっと多いので、そもそもワイルドなんて求められていなかった

これも2,800ダウンロードくらいでした。今年出したけど全然ウケなかったアプリです。

うまくいく「診断アプリ」と、うまくいかない「診断アプリ」では、何がちがうのでしょう?

長い間、インストール数が維持されやすいものは「一般性の高いテーマ」なんですよ。例えば「精神年齢診断」とかって、誰でもできるから一般性が高いんですね。

逆に、ダメだった例でいうと「完璧主義診断」でしょうか。自分が「完璧主義かどうか」を知りたい人って、結構ニッチだと思うんです。

わざわざ、アプリを入れてまで知りたいと思わないというか。なので、あまりにテーマを絞ってしまうと、インストールしてもらいにくい。

ほかにも「流されやすさ診断」とか「面食い度診断」あたりも、アプリのテーマが狭すぎて伸びなかったのかなと感じています。

本当に「アプリのテーマ」次第で、インストール数は決まってしまいやすいですね。

開発者の粟田さんのツイッター

いまは大阪で「個人アプリ開発者」として活動されているそうです。

Pocket

アプリマーケティング研究所編集部 アプリのマーケティングメディアです。有料マガジン「月刊アプリマーケティング」もスタートしました。【配信提携】LINEニュース【過去連載】週アスPLUS、マックピープル。アプリの取材申請はコチラのページから。
スポンサーリンク
広告掲載
btn_fb btn_tw btn_rss

Latest stories

Related stories