無料にして利益を上げる!「空気読み。」から学ぶ有料アプリの無料キャンペーン戦略。

2013年08月16日 |
Pocket

空気読み。」というアプリが、
シリーズ500万DL(スゴイですね!)を記念して、
8/9〜8/15の期間限定でAppStore無料キャンペーン(85円⇒無料)を行っていました。

kuukiyomi_icon

無料キャンペーン期間中(8/9〜8/15)の
順位の推移は以下です。きれいにランキングを駆け上がっています。

カテゴリ 8/9 8/10 8/11-15
無料トップ 14位 2位 1位
ゲーム 10位 2位 1位

テレビCMまで出稿しているゲームたちをおさえて1位に君臨していたという状況に、
「空気が読めない」といわれつつも、見事に無料キャンペーンで1位を獲得しました。

ソーシャルでもつぶやかれている。

「空気読み」でリサーチをかけてみると、
ソーシャルでの言及数も、普段の何倍にも膨らみあがっています。

kuukiyomi_social1 kuukiyomi_social2

ゲームプレイ時にでてくるツイート機能付コメントがおもしろいので、
Facebookよりも圧倒的にツイッター上でつぶやかれているようです。

カジュアルゲーム系でも、
ただスコアをツイートする機能ではなく、
“空気読み”のように「おもしろいコメント+スコア」という表示にすると、
ユーザーがつぶやいてくれやすくなる
かもしれません。

なぜ無料キャンペーンを行うのか?

なぜ無料キャンペーンを行うのかというところですが、
立てつけは、シリーズ500万DL突破という形ですが、
別にボランティアで有料アプリを無料にしません。

目的としては、
「空気読み。2」(有料アプリ)のDL数を伸ばすための、
キャンペーン施策と考えられます。

(他のシリーズも展開されていますし、
目的はいくつかあると思います)

「空気読み。2」のランキング推移をみると、
キャンペーンの影響でDL数が伸びていることを確認できますし、
実際にキャンペーンの結果は、功を奏していると言えるでしょう。

kuukiyomi2_rank
AppAnnie-空気読み。2より)

言ってみれば、「空気読み。」の無料キャンペーンがお試し版的な位置づけで、
気に入ったユーザーが「空気読み。2」を有料でDLするという構図を狙っているのでしょう。

フリーミアムモデルはバカにできない。

アプリに限らずインターネットでは、
特に最初から有料で販売したり、サービスに加入してもらうのが難しく、
無料でまずは使ってもらうというフリーミアムモデルが効果的です。

化粧品や健康食品の通販でも、
無料サンプル、お試しを最初に提供して、
気に入ったら定期コースに加入してもらうという、
2ステップのマーケティングが主流で、実際にいきなり販売するよりも効率が良くなることが多いです。

ニコニコ動画のプレミアム会員や、
Huluの2週間無料トライアルなども同じようなイメージでしょう。

漫画・映画などコンテンツ系は、
このフリーミアムモデルととても相性が良いようで、

人気漫画「ブラックジャックによろしく」では、
著作権をフリーにしてしまうことで、無料で漫画配布されたり、素材やネタにつかってもらうことでPRし、
結果的に、続編「新ブラックジャックによろしく」の売上等につなげ、
月額平均650万円の利益を上げることが出来ていたり

電子書籍でも同様、
集英社では5月に青年漫画を10巻まで無料公開したところ、
11巻以降の売り上げが7倍になったため、今後も最初のまとまった数巻を無料公開する予定だそうです。

このように、
まずはたくさんのユーザーに無料でサービスを提供することで、
結果的に利益を上げることが出来るケースも多く、
有料アプリを提供されている方はうまく応用していくと良いかもしれません。

実は今年二回目だった無料キャンペーン。

最後になりますが、
「空気読み。」は実は6月にも同様の無料キャンペーンを行っています。

国内外シリーズ累計500万ダウンロード達成!『空気読み。』iOS版 期間限定・無料配信キャンペーンを実施!
kuukiyomi6campain

6月に実施して、短期で間をおいて8月に再度実施するということは、
キャンペーンが成功している証拠なのかなと単純に感じました。

しかも6月のキャンペーンは6月9日(一日限定)だったのに対して、
8月は8/9〜8/15と1週間近くに伸ばしています、
またDL数が増えるであろうお盆に当ててきているのも戦略的なのでしょう。

実際の、利益やDL数の結果が気になりますね。

1000円札ばらまいて、100万円を奪い取る事件もあったが、人間の心理を良く考えてマーケティングを行うというのは重要だなとしみじみおもいます。

Pocket

アプリマーケティング研究所編集部 アプリのマーケティングメディアです。有料マガジン「月刊アプリマーケティング」もスタートしました。【配信提携】LINEニュース【過去連載】週アスPLUS、マックピープル。アプリの取材申請はコチラのページから。
スポンサーリンク
広告掲載
btn_fb btn_tw btn_rss

Latest stories

Related stories