日本のAppstoreで新規リリースされているアプリの数は?

Pocket

Appstoreのアプリ総数は約80万本

とても興味深い記事を見つけました。

[2013年4月] AppStore 日本版で配信中のアプリ数は79万5千本、4月中に2.1万本増加
[2013年4月  AppStore 日本版で配信中のアプリ数は79万5千本、4月中に2.1万本増加   Tools 4 Hack

この記事では日本版のAppstoreの、
合計アプリ数、iphoneアプリ数、ipadアプリ数を、
独自に調査されています。

2013年5月1日時点で、
Appstoreの総アプリ数は、
794,516本(前月比+21,313本
)だったそうです。

この約80万という数字は、
世界のAppstoreのアプリ数とほぼほぼ同じなので、
日本版Appstoreのアプリ数=ほぼ世界のAppstoreのアプリ数ととらえて良さそうです。
(一部、一部国で限定公開のアプリとかがあるのかな?)

日本ではどのくらいのアプリがリリースされている?

世界レベルでは、
月に20,000以上のアプリが公開されているとにことですが、
日本ではどのくらいなのでしょうか。

これに関しては推測の域をでないので、
数値を間違える可能性が高いですが、
デバイスの出荷台数から予測を立ててみたいと思います。

2012年時のiphoneの販売数予測データで、
・日本900万台
・世界1億3820万台

と世界市場と比べて、
日本市場のiphone出荷台数は世界比で15%くらいというところから考えると、

世界で月20,000アプリの15%計算で、
日本では月3,000くらいiosアプリがつくられていることになります。

(感覚値的には、
日本で月2,000アプリ以上も公開されているの?
という感じもしていますので、
実数としては、1,000〜3,000の間くらいでしょうか。)

ipadアプリも意外に多い!

またデバイスごとの、
Appstoreでのアプリの数内訳も出されていて、
それによると、

・iphone専用  450,137
・iPad専用    107,120
・iPhone + iPad 237,259

とのことで、
案外ipad専用のアプリというのも多いんですね。

ちなみにこれも出荷台数から、
簡易的な予想をしてみると、

2011年のipadの出荷台数データによると、
・日本158万台
・世界1490万台

なので、世界市場から見ると、
10%くらいが日本での出荷台数にあたります。
(2012年にipadminiも出ていますしちょっと古いかもしれないですが)

ここから計算すると、
日本ではipad専用アプリは月500〜1000くらいリリースされている
のかなあというところです。

カテゴリ別のアプリ数

興味深いのがカテゴリ別のアプリ数の増減数です、
増減数の部分を元記事より引用させていただきます。

カテゴリ アプリ増減数(4/1~5/1)
ビジネス 1,295
ライフスタイル 871
旅行 443
ユーティリティ 405
ゲーム 389
スポーツ 386
教育 366
フード/ドリンク 354
写真/ビデオ 327
エンターテインメント 283
ヘルスケア/フィットネス 269
ソーシャルネットワーキング 248
メディカル 221
ファイナンス 205
仕事効率化 192
ミュージック 160
カタログ 90
ナビゲーション 89
辞書/辞典/その他 85
ニュース 33
天気 13
ブック -12
合計数 +6,712

こうしてみると、

アプリが増えているカテゴリは、

・ビジネス +1295
・ライフスタイル +871
・旅行 +443
・ユーティリティ +405
・ゲーム +389

となっていて、

一方、Appstoreでカテゴリ1位を取るのに必要なDL数ランキング
において上位のカテゴリは、

・ゲーム 40,000DL以上
・ミュージック 20,000DL以上
・エンターテインメント 20,000DL以上
・写真/ビデオ 16,000DL以上

とまた違った顔ぶれになっていますね。

アプリが増えているカテゴリ⇒世界ベース
カテゴリ1位を取るのに必要なDL数ランキング⇒日本ベース

なので、日本と世界を分けて、
しっかり考察してみないとわからないですが、

あまりに競争が熾烈な分野では、
アプリをリリースするのは控えようということ傾向なのでしょうか。

マイナーカテゴリにこそチャンスあり?

一方で新規アプリリリースの少ないカテゴリは、
天気、ブック、ニュース
など。

こうしたカテゴリのアプリは、
もう定番が決まってしまっていたり、収益性が低いので、
敬遠されがちということのような気がしますが、

逆にこうしたカテゴリに、
あえてユニークなアプリを投入してみるのも、
ある意味チャンスがあるのかもしれません。

ブックのマイナスに関しては、
たくさん作られて、たくさん削除されたということかもしれないです。

まとめ

・Appstoreのアプリ数は約80万
・iosアプリは月に約20000増えている
・新規アプリが増えているカテゴリは、ビジネス・ライフスタイル

いかがでしたでしょうか。

元記事のほうではアプリ数の4月〜5月の比較・増減数なども、
詳しくわかりやすく表にされていますので、
ぜひ見てみていただければと思います。

参考記事:
[2013年4月] AppStore 日本版で配信中のアプリ数は79万5千本、4月中に2.1万本増加

Pocket

The following two tabs change content below.
アプリマーケティング研究所編集部

アプリマーケティング研究所編集部

アプリマーケティング研究所編集部です。 「マックピープル」(雑誌)や「アスキーiPhonePLUS」(WEB)の外部メディアでも連載を書いています。 広告掲載、一般的なお問い合わせなどはコチラまで。ご相談、情報提供、ニュースリリースなどは「news@appmarketinglabo.net」(代表:鶴谷宛)にお願いいたします。
スポンサーリンク