どうして「メイク無効化アプリ」つくっちゃったの? AIメイク落としアプリ「MAKEAPP」誕生の理由と、リアルタイム「すっぴん化アプリ」の開発状況。

2017年06月22日 |
Pocket

AIが「メイク無効化」してしまうアプリについて、海外の開発会社にお話を聞いてみました。


※Magic Unicorn アショット・ガブリエラノフさん(この会社の創業者で、ロシア人のエンジニア)

「Magic Unicorn」について教えていただけますか?

Magic Unicornは、AIをつかったサービスに注力している、アメリカの会社です。10名で活動しています。

主なプロジェクトは、動画からリアルタイムに「人間の表情」を検出して、そこにアニメーションエフェクトをつける「Magic」というアプリです。

ちなみに、それより前は「Borsch」という、AIが食べ物をレコメンドするアプリをつくっていました。


※「Magic」は数十万ユーザー。アメリカ・ロシア・韓国・日本などでつかわれている。

そして、最近だしたのが「MAKEAPP」というアプリですね。

最近リリースしたのが、AIをつかったメイクアプリ「MAKEAPP」です。日本での話でいうと、今日だけでも8万人以上のアクティブユーザーがつかってくれています。


※アプリに顔写真を与えると、AIが「メイクアップ」や「メイク落とし」をするというもの。

ちなみに、どうして「MAKEAPP」をつくろうと考えたんでしょうか? 女性ユーザーからは「余計なお世話すぎる。笑」という声も聞こえてきます。

これを、なぜつくったかというと…

AIをつかって自撮りに「メイクをかける」という実験をしているうちに、その逆をやれば「メイクを落とせる」ということに気づいたんです。それも、かなり上手に。

そこで、この技術をアプリとして公開することで、みんなが「どういう反応をするのか?」を見てみようと考えました。

まあ、この機能については、ティンダーのヘビーユーザーあたりに、「モーニングサプライズ」を避けるための闇のアイテムみたく、つかわれていたりするかもしれない。笑

技術的には「メイクをかける」より「メイクを落とす」の方がむずかしそうだけど、実際にはどうだったのでしょう。

あ、それは逆なんですよ。技術的には「メイクをかける」よりも、「メイクを落とす」の方が簡単だったというか、上手くやれたんですね。

だからこそ、この「メイク落とし」を実装してみよう、と決めたところがあって。

ただあくまで、僕らのミッションとしては、AIをつかってリアルタイムに、自撮り(写真/動画)が楽しめるよう、技術を進歩させていくことです。

なので、ゆくゆくは「MAKEAPP」のテクノロジーについては、メインアプリである「Magic」の方に統合しようと考えています。

「MAKEAPP」ではAIをつかっているとのことですが、仕組みについて簡単におしえてもらえますか?

僕たちのAIテクノロジーは、10万人の「メイクあり/メイクなし」の写真をもとに、ディープラーニングをつかって学習させたものです。

この、データセットである「10万人の写真」については、いろいろなパプリックリソースから、半自動的に収集してきたものになります。

このAIの特徴は、その人によって「違ったメイク」を施せることなんです。

たとえば、その人がすでにメイクをしていたら、まずAIが「この人はメイクをしている」と検知して、その「オリジナルの色」を崩さないように、メイクを加えることができたりします。

さっきアショットさんが、「もうすぐ、 “リアルタイムでのメイク落とし” もできるようになるよ」というデモを見せてくれたじゃないですか。コレって本当に実現しそうですか?

そうですね、来年にはリリースしたいなと考えています。スマホの端末スペックがそれを許してくれるときになったら、といったほうが良いかもしれません。

というのも、僕たちがつくっているプロトタイプでは、すでに「リアルタイムでのメイク機能」というのは、ちゃんと動いているんですよね。


※開発環境マシンで動いている、リアルタイムでの「メイクアップ/メイク落とし」のデモ動画。


※来年にはスマホを向けると、AIが予測した「相手のすっぴん」がわかるようになってしまう…?(画像はイメージです)

最後に日本のユーザーに、何かメッセージがあればお願いします。

僕たちは日本のユーザーのことが大好きです。「Magic」「MAKEAPP」どちらのアプリも、世界で最初に発見してくれたのは、日本のユーザーだったんですよ。笑

ちなみに、AppStoreで「Magic」がフィーチャーされたのも、日本がはじめてでした。だから、日本のユーザーには、本当にすごく感謝しているんですよ。

取材協力:Magic Unicorn

MAKEAPP(iOS/Android

【お知らせ】アプリの取材については「取材申請」のページから受付しています!

Pocket

アプリマーケティング研究所編集部 アプリのマーケティングメディアです。有料マガジン「月刊アプリマーケティング」もスタートしました。【配信提携】LINEニュース【過去連載】週アスPLUS、マックピープル。アプリの取材申請はコチラのページから。
スポンサーリンク
広告掲載
btn_fb btn_tw btn_rss

Latest stories

Related stories