AppStore/GooglePlay上位ランクに必要なDL数データも公開 -リワード広告以外で!効果的なアプリプロモーション手法!

2013年07月29日 |
Pocket

7/25に東京(汐留)で開催された、
D2CRさん主催の「リワード広告以外で!効果的なアプリプロモーション手法のご紹介!」に参加してきました、講演内容で参考になったポイントをまとめたいと思います。

d2crseminor-logo

最初に「アプリプロモーションの近々の状況・動向」
株式会社D2CR取締役 竹林さん

AppStoreのランキングプロモーションの話

ランキングロジック

(今日のDL数×3)+(昨日のDL数×2倍)+(一昨日のDL数×1倍)×(DAU/DAM)×(有効DL数)

大体こんなイメージ。
特に直近のDL数をより見ている。

AppStoreランキングに必要なダウンロード数

ランキング上位をとるために、
どのくらいのダウンロード/日が必要か?

トップ有料
1位 7,000DL~
5位 3,500DL〜
10位 2,100DL
15位 1,300DL
20位 1,100DL
25位 1,000DL

トップ無料
1位 60,000~80,000DL
5位 35,000DL
10位 20,000DL
15位 17,000DL
20位 14,000DL
25位 12,000DL

※LINE系アプリとかが1位に入ってくると、
また数字が変わってくる。

リワード広告で上記のDL数を稼ぐようなプロモーションが一般的。
意外に知られていないのは、ランキングは5分毎に変わっていること。

現在は、以下の3つが重要。

1、1~3時間くらいでいかにDLを稼ぐか。

1~3時間くらいで35000DLくらい稼げるとベスト3くらいのイメージ。
DL数少なめで効率的に上位狙えるようになっている。

2、2日目以降のランキング維持施策。上位キープ。

さらにDL数を稼ぐ、アクティブ数を増やす施策など。

3、競合他社アプリのリワード広告の出稿タイミングを見極める。

効率良いブースト広告での上位の狙い方。

効率良く上位に上げて、
効率良く多くの人にDLしてもらうために以下の3つが重要。

1、何曜日にリワード出稿するか。
金曜日を狙うパターン多い。
理由は自然DLが増えるのは土日だから、金曜に仕掛けて土日でDL増やす。
平日と比べると土日は1.5倍くらいDLされる。(あえて土曜日を狙う場合もある)

2、何時からリワード出稿するか。
金曜17時くらいから出稿するのが多い。
理由は自然DLが増えるのが19時以降。

3、どのくらいのDL数を何時間で獲得するか。
1時間以内で35000DLとれれば、一気にベスト3以内になる。

2日目もランキング維持する施策

DLを稼いでも翌日にはランキング下降する。

・2日目にもDL稼ぐ
例:初日1時間4万DLでトップ3以内に入り、
翌日1.5万DLでトップ3以内をキープ。など

・DLした翌日にも起動させるオプションを用意。
翌日起動=アプリアンインストールさせない。
「翌日起動してくれたらポイントあげる」とかやると、平均70%近い人が翌日も起動したりする。

自然流入DLと広告DLの比率

D2CRの事例での平均だと、
広告55%:自然流入45%くらい。

昔は自然60%くらいだったが、
AppStoreのUI変更などで下がってきている。

Google Playのランキングプロモーションの話

GooglePlayのランキングロジック

(過去1週間のDL)×(DAU/MAU)×(レビュー評価)×(有効インストール数/率)×(対応OS ver)

6つの各ランキングによって比重がそれぞれ違う。
AppStoreよりロジックが難しい。簡単に上位にいけない。

6つのランキングのうち、
上位に上げやすい施策を見極めてプロモーションすること。

GooglePlayランキングに必要なダウンロード数

直近1週間DL/DAU・MAU/レビュー/有効DL率・数/OSver

人気(有料)    低 高 高 高 影響中
人気(無料)    低 高 高 高 影響中
売上トップ     低 低 低 低 影響低
人気の新着(有料) 高 高 高 高 影響中
人気の新着(無料) 高 高 高 高 影響中
最新        高 低 低 低 影響中

人気の新着、最新ランキングは直近1週刊のDLが影響高。
人気の新着はリリース後30日以内がリミットのため、
リリースしてすぐプロモーションを行うのが有効。

人気の新着(無料)のランクインに必要なDL数/週

自然流入DL
1位 30,000DL~
5位 15,000DL〜
10位  8,000DL
15位  5,000DL
20位  3,000DL

施策流入DL
1位 ?DL~
5位 90,000DL〜
10位 50,000DL
15位 40,000DL
20位 30,000DL

AppStoreよりはDL少ない。

人気の新着ランキングであれば、
上位に上げてユーザーを獲得することが可能。

GooglePlay、現在は、以下の3つが重要。

1、初め1週間のDL数を、毎日7日間適度にばらして、
DL数を稼ぎ上位キープ。

2、2週目以降も毎日適度にばらして、
  DL数を稼ぎ30日間上位キープ。

3、競合アプリのリワード広告の出稿タイミングを見極める。

更にランキング上位をキープする(自然DL増やす)方法

1、顔出し2つのレビュー評価を最大限高める。
  ★5と★1では大きくDLに違いあり。

補足:
以下はLINEのレビュー。
総合評価は高いにも関わらず、評価★1が二つ並ぶと、
良い印象を受けない。

LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ - Google Play の Android アプリ



2、有効DL数/率を増やす。
・リリース直後にプロモーション。
・容量を少なくする。(androidには容量小さい端末も多い)
・バグをなくす

3、DAU/MAUを高める
・ログインボーナス
・適度なプッシュ通知

LINEリワードの威力はスゴイ

今までは”総合無料ランキング”は、
なかなか狙うことができなかった。

LINEリワード・フリーコイン
NHNJAPAN「マジモン」の事例

LINEリワード配信7/4~7/5して、
総合人気(無料) 圏外⇒12位
ゲーム(人気)  圏外⇒6位

3日後にランキング上昇しピークに。
一気にDL稼ぐと総合ランキングでも上位いけるっぽい。
D2CRでもLINEリワード取り扱っている。

今後リワード広告以外でも、DLを伸ばしていくことが重要。

1、アプリの質が求められるフェーズに

1発大当たりを狙う時代は終わり。
暇つぶしゲームも高品質化している。

2、ランキング上位を狙った広告をユーザーが認知してきている

参考データ(D2CR調べ)
「アプリDLされる数が増えると、
AppStoreの、ランキング上がることを知っていますか?」

はい ⇒79.9%
いいえ⇒20.1%

自然DLが減ったり、リワード広告を通じてアプリDLするユーザーが減ってくだろう。
リワード以外の広告展開も考えていくことが必要。

第1部「ソーシャルとの連携で、質が高いユーザーを効果的に獲得する広告とは?」
株式会社D2CR取締役 竹林さん

バイラルプロモーションサービス、ソーシャルレビュー

social-review-logo

アプリレビューサイトの記事を、
ソーシャルメディアで拡散、バイラルを起こすサービス。

「事前登録」サービスも開始予定

新サービス「事前登録」サービスを準備中。
今後、事前登録ページにソーシャルレビューの、
バイラル機能を追加するサービスも始める予定。

事前登録してくれたらレアカードあげるとか、
ソーシャルゲームなどで特に利用が可能に。

補足:
アプリの事前登録の拡散に対して、ユーザーにインセンティブを張り(amazonギフト券の抽選など)ソーシャルでバイラルを起こすようなイメージのようです。


事前登録サービスの使い方例

1、アプリリリース前の事前登録でバイラルを起こし、
事前登録者を増やせる。

2、イベント前にキャンペーン告知ページを用意して、
既存ユーザーにキャンペーン告知のバイラルをおこしてもらう。
イベント前のキャンペーン告知でも新規ユーザーを増やせる。

聞いてみて感想:

D2CRさんの保有ノウハウに脱帽。
ランキング関連のデータはかなり参考になりますね。
さすが自社でもアプリをリリースされていて、国内の有名アプリのプロモーションを担当されているだけあります。




第2部「SNSユーザーの発言を媒体としてインタレストグラフを活用した効果の高いヴァイラル広告とは?」
株式会社Overtex代表 朝山さん

インフルエンサープロモーションサービス、ソエンドoden

ユーザー(インフルエンサー)の発言を広告としてつかうサービス。
クリックされたら彼らに報酬が入る。

soend-logo

補足

一昔前に流行ったアルファブロガーのPR広告の、
ソーシャルメディアバージョンみたいな感じでしょうか。
ステマにならないようきちんとPRという表記が入ります。

また、QRUSTスコアという独自の基準でインフルエンサーの影響力を数値化していて、
一定数値以上のインフルエンサーでないと、キャンペーンに参加できないようです。

adwords(リスティング広告)みたいな感じで、
管理画面から必要項目を入稿すると、
インフルエンサーがそれを見て拡散してくれる。


効果

ネットワーク広告に比べ、
・CPI ⇒1/2~1/3に
・収益性⇒2~10倍に

リワード広告に比べ
・CPI/CPA⇒場合による
・収益性⇒5〜30倍

事例

○パズルゲームアプリ
CPI350円以下に。
ネットワーク広告でCPIが900円切れなかった。

○女性用恋愛ゲーム
CPI250円以下に。
ネットワーク広告でCPIが1,000円切れなかった。

○レビューアプリ
CPC7円未満
CPI約60円

○カップル専用SNS
CPI25円(数ヶ月以上継続中)

ソーシャル×インフルエンサーの拡散力

QRUSTスコア、767万人のソーシャルアカウントを日々解析している、
影響力によって報酬が違う。

友達と好みが共通する確率は他人と比べて3~5倍
購入時に友達を信用する確率は、ブロガー・専門家に比べ3~4倍
〜Paul Adams著「Grouped」より〜

興味が連鎖するには、
連鎖されるたびに興味を伴って拡散されないとうまくいかない。
興味を持たないのに無理に拡散しようとしてもダメ。

魅力的なアプリとそうでないアプリでは、
情報拡散力に1000倍以上の差が出る。
そこに優良インフルエンサーが重なると爆発する。

優良インフルエンサーの紹介は、
CV率5~15%もでる場合や、
1インフルエンサーの1ツイートで3ケタDL行く場合も。

効果測定のホントのところ

日本で提供されているアプリ効果測定ツールは、
15~20%計測漏れしている。
ソエンドではフィンガープリントという手法で94%以上の精度で計測可。

Q&Aコーナー

ソエンドでmaxどのくらいDL伸ばせるの?

一番多い例では、
一日50万円連続でやって、CPI250円。
一日2,000DLを5日間で10,000DLという例はあった。

インフルエンサーどのくらいいる?

万単位でいて、毎月千単位で増えている。

広告主は何に課金するの?CPC?CPI?

CPC課金です。

CPCでマックス20円。
平均15円未満におさまる。

補足

影響力の高いインフルエンサーには高めのCPC、
影響力の低いインフルエンサーには低めのCPC、
という仕組みになっているようです。


講演スライド

講演時のスライドがアップされていたので掲載。

聞いてみて感想:

ブロガーを使ったPR広告のソーシャルバージョンと考えるとしっくり来るかも。インフルエンサーごとに独自に影響力を算出していて、スパム的な拡散が起こりにくいようにしている仕組みは良いなと思いました。




第3部 株式会社ハロ取締役 イセオサムさん
「次世代のプレミアム広告を作る!圧倒的インパクトある広告とは?」



株式会社ハロは、
ぼけて、カオコレ、ロックジョイをやっている会社。

広告出稿時に考えるべきこと。

・デモグラフィックデータ(年齢、性別、地域など)
・インタレストデータ(興味、関心)
・タイミング(メディアをみている状況)

ヒマなPVが広告的には有効。

事例
・モバゲー書き込み完了時に表示されるバナー
・EXIT広告、ユーザーがアプリ閉じようとしたときにでる広告
・アルパカにいさん、ユーザーがやることがなくなったときに表示される。
・ロックジョイ、スマホの待ち受け広告

⇒ヒマなときにでてくる広告は効果が高い。

スマホ待受に広告配信するサービス、ロックジョイの紹介

スマホの待ち受け画面はヒマな時に見やすい。
ロックジョイ、スマホの待受け画面(ロック画面)に広告だせるサービス。

lockjoy-logo

ロックジョイ出稿企業

カヤック、フジテレビ、レッドブル、
富士急ハイランド、ジョイサウンド、ロッテリアなど

待ち受け画面の接触頻度は高い。

スマホにさわる時に最初に目にする画面。
平均130回/日に待ち受け目にしている

新聞4.75回、雑誌5.25回、テレビ41.5回、ネット45.9回、スマホ130回
〜韓国honey screenの70万ユーザー調査〜

ロックジョイの強み

・1時間ごとに変わる待ち受け
・アプリ起動しなくても広告表示
・待ち受け画面からアプリやサイトへダイレクトにとべる

サッカー放送中の時間に、
「日本vs中国放送中!」などの広告もだせる。

ロックジョイユーザー属性

OS:ios81%、android19%

性別:男性60%、女性40%

年齢:10代39%、20代29%、30代17%、40代9%、50代6%
※若い子のほうがヒマだから、今は比率多い。

配信形態:CPV(view)、CPI(install)、CPL(like-いいね)

広告在庫:リリース1ヶ月で2000万PVの在庫

アプリインストールはCPIで定価150円とのこと。
9月まではトライアル価格有。
掲載期間1日〜で、3000DL〜

Q&Aコーナー

ユーザーはなぜロックジョイを使う?

ユーザーにはインセンを与える。
広告みるだけでポイントもらえる、みたいな、

ゲームアプリでノンインセンで出して、
1クリック10円でとれていれば、CV10%くらいでるので、
実質1DL100円でとれるケースもある。
ただ、アプリ自体のコンテンツ力次第。

補足
おこづかい稼ぎポイントアプリと同じようなイメージ。
スマホの待ち受け(ロック画面)に広告がでて、
アクションしたらポイントがもらえる。


一番稼いでいる人はどのくらい?

5万円とか。友達紹介によるポイント加算を駆使している。
年齢は若いユーザーが多い。

ツイッターみていると、
10代の女子高生が1万円稼いだとかも見かけた。

年齢性別でターゲティングすることは可能?

可能です。単価はちょっと変わる。

オードリーの神アプリにロックジョイでていたが、どのくらいDL伸びた?

瞬間1,000〜2,000DL。
ランキングちょっと動いたくらい。

スマホポリスとかも多分、
瞬間1,000とか2,000くらい。

オードリーの神アプリとかだと深夜2時とかなので、
視聴率5%もないので、そこまでインパクトない。

深イイ話とかのゴールデン枠だと、
10,000DLとかいくので、一気にランキング上がる。

テレビは戦略的に狙うのは難しい。

Googleplayでポイントアプリが削除されているがロックジョイは大丈夫?

消されている要因は、
アプリから外にだしているリンク集が多いですね。

あとは、アフィリエイト系が嫌われる、
会員登録とかだらけのアプリ消されやすい。

ロックジョイはCPVメインで、
そうしたところには気にしながらやっている。

聞いてみて感想:

実際にロックジョイ使ってみたところ、待ち受けというかロック画面に広告がでているのは新鮮ですが、たしかにほぼ確実に広告を見てしまいます。LINEなどのプッシュ通知が出るのも待ち受け画面ですし。

Pocket

アプリマーケティング研究所編集部 アプリのマーケティングメディアです。有料マガジン「月刊アプリマーケティング」もスタートしました。【配信提携】LINEニュース【過去連載】週アスPLUS、マックピープル。アプリの取材申請はコチラのページから。
スポンサーリンク
広告掲載
btn_fb btn_tw btn_rss

Latest stories

Related stories